特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

お知らせ・ブログ

活動日誌ブログの一覧

【食】11/7 食育プロジェクト「カードゲーム編」@大阪府大阪市を実施しました!

2017年11月20日 食育

皆様、こんにちは!

11月になりすっかり冬突入・・・かと思えば、まだまだ昼夜の気温差が大きく、小学校の中にはインフルエンザの流行も相重なり、学級閉鎖が発生している小学校もあるそうです。

くれぐれも風邪の予防にはお気を付け下さい!

今回、不二製油様の食育プログラム「カードゲーム編」をお届けしに、大阪市住之江区墨江小学校いきいき教室を訪問して参りました!

アフタースクールのスタッフの司会進行の元、講師の不二製油社員、渡邉先生と共に世界の食糧問題について学んでいきます!

まずは、みんなの昨夜の夜ご飯は何食べたかな?と質問。

「お鍋!」「えーっと、お肉のやつ…!!!」など、声がたくさん上がります。みんなお腹一杯ご飯食べているみたいでなにより!

さて、でもみんなと違って世界には、皆が当たり前のように食べているご飯を満足にたべれない人が多くいるんです。

世界中の人口で換算すると、9人に一人がご飯を食べれていないんです。そんな事実を知り、目を丸くする子どもたちも・・・。

では、どうやったら世界中のみんながご飯を食べれるようになるだろう?と問いかけてみます。

「もっと食べ物を買えばよい!」⇒「うんうん、でもみんなみたいにすぐには買えない人もいるんだよー」
「私のご飯を分け与えてあげる!!」⇒「大事だね!みんながそんな気持ちを与えられたら良いね!」

自分にとっては当たり前だけど、ほかの人には当たり前じゃないことを知る、そんなことを考える機会こそがこのプログラムの醍醐味です。

さて、そんな子どもたちとの掛け合いが続いた後は、大豆の凄さを知るカードゲームの始まりです!

カードゲームと聞いただけで、子どもたちはワクワク!

ルールは簡単。主食とおかずが描かれたカードを選んで、みんなが食べたい夕ご飯の献立を考えます!

3~4枚で終わる子どももいれば、6~7枚選ぶ子ども。みんな、一汁三菜って言葉は知ってるかしら?笑

献立を決めたら、カードに書かれている数字を計算していきます。

この数字は何の数字かな?「答えは後で教えるから、今は頑張って計算してみて!」

みんなが計算し終えたら、合計した数字が最小の人と最大の人に手を挙げてもらいました。

どうやらカードの枚数が多い人程、数字が多い訳でもないようですが、この数字の意味はなんなのでしょう?

そろそろ数字の答えを。
この数字は、この食べ物を作るために必要とする水の量を表す「地球エネルギー」の数字です。
地球エネルギーという言葉はわかりやすくて覚えやすいですね!

さぁ、ここで大豆の凄さがやっとわかります!大豆には、水が少なくても収穫することができるんです!「豆腐ハンバーグ」、「味噌汁」といった献立の数字が小さい理由がわかりましたね!

改めてDVDを鑑賞しながら、食料問題、大豆の秘密を復習です。

墨江小学校の子どもたちは「納豆」などの大豆製品が大好きな子ども達が多く、きっと今日のプログラムも印象に残ってくれたのではないでしょうか?

普段の生活の中で、みんなが当たり前のように行っている食事から、世界規模の問題について知り、学ぶことができました。
少しずつこれからの食生活や普段の行動から意識することができたら良いですね!

墨江小学校いきいきプログラムのみなさん、先生方、本当にありがとうございました!

最新の記事

カテゴリ

月次アーカイブ