特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール

お知らせ・ブログ

活動日誌ブログの一覧

【文化】丸の内キッズジャンボリー 2日目「ラジコンにふれ、走らせるスペシャリストの技を体験」

2017年9月8日 イベント

みなさん、こんにちは!
放課後NPOアフタースクールインターンのシナブです!

今回は8月16日に行われた、「丸の内キッズジャンボリー2017」の2日目の様子をご紹介させていただきたいと思います。
この日もお天気はあいにくの雨でしたが、会場には多くの子どもたちが集まります。



雨にも負けず、子どもたちを魅了したプログラムは・・・そう!ラジコンです!

株式会社ヨコモ様とご一緒する本プログラムは、昨年のキッズジャンボリーでの開催を皮切りに今回で3回目!
毎回パワーアップしながらものづくりの楽しさや難しさを多くの子どもたちに伝えてまいりました。



講師をつとめていただくのは、ラジコン界のレジェンドであり18年連続世界チャンピオンの記録を持つ広坂正美さんと、
若くしてドリフトの世界チャンピオンに輝いた川上哲弘さんです!
お二人の先生とも毎回ご一緒させていただくことができ、大変嬉しく思います。



広坂さんは10秒以内に10本のペットボトルを倒す技をまず見せてくださり、何秒もの余裕を残してあっという間に倒してしまいました!
さらに、ジャンプ台からの大ジャンプにはその場にいた子どもたち、保護者の皆様、スタッフまで全員がその迫力に圧倒されました。
(早すぎて見えないのがジャンプ中のラジコンです!)

子どもたちからも
「早すぎてなにも見えなかった…!」と驚きの声が上がりました。


続いて川上さんは、この日子どもたちが作るラジコンと同じ、ドリフトのできるラジコンを走らせてくださいました。
かっこいい動きに子どもたちも目がキラキラと輝きます。
す、すごいさすが世界チャンピオン…!

本物の技を心に焼き付け、いよいよメカニックタイム!チームで協力して自分たちが走らせるラジコンの制作をしていきます。



まずはタイヤのパーツから!
自分の好きな色のパーツを選び組み立ててタイヤにしていきます。
簡単そうに見えて実は結構力が必要なこの作業、それでもみんな楽しみながらしっかりと組み立ててくれました。


作ったタイヤをラジコンに取り付けます。



続いてバンパーを取り付けます。
ネジをしめるのって慣れていないと難しいですよね。曲がらないようにみんなで気をつけながらネジをしめました。



次は、ラジコンのエンジンとも言えるバッテリーを入れていきます!
バッテリーをつける人、プラグをつなぐ人、スイッチを入れる人、グループで協力し合いながら
作業をすすめます。

さぁ!いよいよ動作確認です。
ちゃんと動くかな?



プロポと呼ばれるコントローラーを操作すると・・・

ウィーーーーン!!!

という元気のいい音が部屋全体に広まっていきました!!
みんな興味津々!前進、後進、右左折、1つ1つ問題がないか確認します。



最後にボディをつけて固定すれば!
ついに完成!!
みんなで作ったラジコンが小さなメカニックたちによって完成したのです!

さぁ!川上さんに操縦方法をしっかりと教わり、
ついにお待ちかねのレース大会が始まります。

1分間で何周コースを周る事ができるかを競います!


みんな上手!!
壁にぶつかっても、自分でバックして切り返せる子も多く、
何度も名勝負か繰り広げられました。


1分間に5周以上する子が続出する中、午前、午後と開催し、6周と7周をした子たちが優勝しました!
各回優勝した子たちは、なんと広坂さんと決勝戦で1対1の対決です!!!
世界チャンピオン相手に勝てるのでしょうか…!


広坂さんはハンデとして、ボールを転がしながらレースをします。
それでも正確な操作テクニックでいい勝負!

その結果は・・・!


見事!子どもたちの勝利!
世界チャンピオンに勝てることだってあるのです!
嬉しい笑顔がこぼれます。



優勝者には、広坂さんのサイン入りブックをプレゼント!
これからもラジコンに興味を持ってくれたらうれしいな。


最後に広坂さんからみんなへメッセージが贈られました。
「今日みんなが協力して作り上げたラジコン、そして真剣に勝負したレース。
全員で一生懸命取り組んだと思います。僕はみんなくらいの歳の頃からずっと一生懸命ラジコンを
練習して、世界チャンピオンになることができました。
みんなも、好きなことややりたいことが見つかったら、お父さんやお母さんにもちゃんと伝えて、一生懸命に取り組んでみてください。懸命という時は命を懸けるって書くよね。
命をかけて取り組んでみてください。」


子どもたちはこの言葉を真剣に聞いていました。
やりたいことが見つかっている子、まだこれから出会っていく子、今日はいろんな思いが子どもたちの中にあふれたと思います。



一人ひとり、全員が一生懸命、取り組んでくれた1日。
その中でも輝いていた子どもたちに、ヨコモ賞、放課後NPO賞を授与。
お友達と協力し、真剣に先生たちのお話を聞いてラジコンを作ってくれた子、
レース中に大きな声援を送って会場を盛り上げてくれた子、など
それぞれいろんな1番になってくれましたね。


あんしん財団様からは、全員にチャンピオンサイン入りのオリジナルフォトフレームをプレゼント!
実はプログラムの進行をしつつ、自分たちで作ったラジコンを手に広坂さんとの2ショット写真を撮っていた子どもたち。
最高の思い出になりましたね!




子どもたちからのアンケートや感想では、「ラジコンがあんなに早く走れるなんてびっくりした!」
「初めて組み立てをして楽しかった!」などこの日印象に残ったことを笑顔で話してくれました。




最後はみんなにありがとうのハイタッチ!
夏休みの最高の思い出になりましたね。
ラジコンの魅力や楽しさもたくさん伝わっていたらいいな!

この日、素晴らしい時間をご一緒くださった
株式会社ヨコモの広坂さん、川上さん、そして子どもたちのためにと当日大勢駆けつけてくださり、
企画段階から心を込めてご一緒に準備を進めてくださった一般財団法人あんしん財団様、
本当にありがとうございました!!

放課後NPOアフタースクール インターン シナブ
——————
「放課後NPOアフタースクールの活動を、Facebook,twitterでも発信しています。よろしければ、ぜひ「いいね」「フォロー」をお願いいたします。
Facebook:http://www.facebook.com/npoafterschool Twitter:@npoafterschool—————–

最新の記事

カテゴリ

月次アーカイブ