since 2009

お世話になっている皆さまへ

おかげ様で私たちの5歳の誕生日を迎えることが出来ました。
2009年に法人を作った時、スタッフはまだ代表・副代表の2人だけでした。
でも夢は大きく、「日本の社会にアフタースクールという子どもたちのための
インフラを作ることの出来る団体になるぞ!」と思っていました。
しかし、笑われたこともありました。バカにされたこともありました。
多くの方に「大丈夫?」と心配もされました。

しかしそれ以上に多くの方々が「頑張れよ」「出来るかもよ」「いいこと言うじゃん」と応援してくれました。
どんなにありがたかったか分かりません。
そしてさらに一緒に手伝ってくれる仲間が増えていきました。
スタッフとして参加してくれた方、ボランティアやインターンで参加してくれた方、
寄付をしてくださった方、人を紹介してくださった方、励ましの言葉をかけてくださった方、
全ての方に心よりの御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

小学生の放課後の環境をより良くしていくための活動は長く続けていくマラソンレースです。
マラソンを走るために必要なことは走力・体力に加えて沿道のご声援だと言います。
まさに私たちも皆様の応援を糧に、この5年走りぬいてきて、
これからも長い道のりを走り続けたいと思っております。
子どもたちの活動を始めて、
「世の中にはこんなに『子どもたちのためなら』と動いてくださる方がいる」ことを感じました。
本当にすごい潜在パワーです。この皆様の力を集めて子どもたちに届けるのが私たちの役割です。
私たちのロゴにある15時33分ごろ、この時間を子どもたちのゴールデンタイムにし続けていきたいと思います。
これからもどうぞ私たちを通じて子どもたちを支えてください。
そして私たちスタッフにも声をかけてくださると嬉しく思います。
これからもますます頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

放課後NPOアフタースクール スタッフ一同

Message

5周年を祝って、「おめでとう!」のメッセージをいただきました。

  • 為末大さん

    元陸上選手の為末さん。「地域で子どもを育てる」という私たちの理念に深く共感してくださっています。これからもたくさんの子どもたちの運動を支えてくださればと思います。運動会の前にはみんなに走り方を教えてくださいね。

  • 乙武洋匡さん

    自ら小学校の先生もされていた乙武さんは子どもたちを心から応援してくださっています。「どの子にも絶対にいいところがある!」というコンセプトでこれからも子どもたちのいいところを探し続けていきたいと思います。

  • 大橋マキさん

    元アナウンサーの大橋マキさんは2児の母となり、地域での子育てをとても大事にされています。ご自身はアロマの専門家に。子どもたちの匂いや五感を大切にしたプログラムをこれからもご一緒したいと思います。

Impact

この5年間でやってきたこと

放課後NPOアフタースクールの5年間の実績です。不思議と5にまつわる数字の多い実績となりました。
これから10周年に向けて、さらにこの実績を積み重ねていきたいと思います。
より多くの方々のお力を借りて、より多くの子どもたちに安心と豊かな体験を届け続けたいと思います。

これからの5年間 「より多くの小学校でアフタースクールを!」

今までの5年間で5校のアフタースクールを開校し、
50校以上の小学校へのプログラム提供を行う中で、だいぶ放課後に関する経験やノウハウが溜まってまいりました。
今後そのノウハウをますます磨くとともに、それをいかして、
各地域で新たに放課後の取り組みを始める、今までのお取り組みを改善する、
そんなことをどんどんお手伝いしていきたいと思っています。
地域のことはその地域の方々で力を合わせて解決していくことが何より大切です。
ぜひ私たちにお手伝いさせてください。
ご興味のある皆様、どうぞ私たちにお声かけください!!

お問い合わせ